TRA新人研修

TRA会員支援事業部会の新入社員セミナーを行いました。

【1部 : 新入社員のためのビジネスマナー】
ソフィアハーモニー 伊藤智恵子 先生

D3tZbmGUIAAq7N4

今年度から初めての伊藤先生でしたが、
日産自動車の研修を受け持っていたとうだけあって
迫力があり、時々ピリッとしたムードも出す
18年前に受けた新人研修を思い出す充実感ある研修でした!

 

【2部 : 返信率と来店率を高めるメールテクニック】
ライフルホームズ 西山 武人 先生

メールに特化した初の研修でした。

D3tZbmHUYAA6gYP

件名は
☆ ◾️〇〇〇〇様◾️△△△△の件に

☆ ①や㎡などの特殊文字は迷惑メールに振り分けられる可能性あり

☆ テンプレート(雛形文)を作って時間の短縮を

などなど 知ってそうで知らない事もたくさんありました!

長崎

 

観桜会

全日本不動産協会の長崎です❗️

 

会員の皆様と、

4月14日に告示される統一地方選挙に出馬される先生方もお招きし、

45名による観桜会が井の頭公園のほとりにあるサブライムにて盛大に開催されました🌸

0801C598-D521-4C51-A19C-21FA3C57EF38 82E207A5-0178-4EFB-814D-7EDFB4C23DF1

厚生委員長の内藤英子さん📓

司会の伊藤一徳さん🎤

本当にお疲れ様でした(^人^)

生産性の向上②

セブンイレブンの古屋社長が退任し永松新社長に人事を固めました。(日経新聞より)

D3WoqtlUYAAeVzO

FCオーナーが本部だけ利益を独占し現場は疲弊していると話していました。

 

これからはお客だけでなく、フランチャイズもお客の立場として、利益を生産性向上のためにつぎ込んでいくかの姿勢が問われています。

生産性の向上

新元号も発表される今日、日経新聞の一面で「ローソン全店セルフレジ」という記事があった。

背景には生産労働人口不足から来る人件費の高騰があるのですが、
今デフレ下の日本で賃金が上がっていくという奇跡が起きようとしているのではないでしょうか。
このままであればコンビニの24時間問題のように営業ができなくなってしまいます。
それは消費者の私たちも困る事なので、このセルフレジの取り組みは非常に良い試みだと思います。
企業が生き残っていくには、「生産性向上」の為に資本を投入していかないといけませんね。
日本もこの奇跡を利用してデフレを脱却しましょう!!

 

清々しい5月

連日気温の高い日を過ごしています。

でもじめじめしていなく清々しく気持ちが良いです♪

何か始めよう!!という気持ちになりますね♪

P1200024P1200025

 

 

もう春ですね♪

先日、春一番が訪れました。

いよいよ寒い冬ともお別れで、三寒四温を経て暖かい日々がやってきます♪

たまに寒い日もあともうちょっと。

これからの季節にぴったりの緑が清々しいお花がやって来ました。

1P1190923

2P11909203P1190921

大雪の日

今日は東京都内のあちらこちらで

大雪警報がでています。

一昨日は大寒でした。さっそく大雪です。

これを乗り越えたら立春!と、前向きにさせてくれるような

かわいらしいお花が届きました♪P1190855

 

相続税逃れ防止の策

課税の公平性を保ち、過度な節税を防ぐため以下の2点が見直されます。

般社団法人の課税逃れ と 小規模宅地の特例を使った節税

 

 

般社団法人の課税逃れについて

社団法人を巡っては、相続・贈与する資産を持つ親が一般社団法人を設立し、理事に就任するなどして一族で社団法人を実質支配するケースがある。親は社団法人に資産を移転し、その後に子が理事を継げば、実質的に非課税で資産を継承できる仕組みになっている。この様に社団法人では親族間の資産継承で課税を逃れているケースが目立つため、非課税の対象を限定する。

社団法人の設立にかかる費用は登記料の6万円だけで、だれでも登記さえすれば設立が認められる。2016年の設立件数は6075件と5年で1.5倍に増えた。財務省は親族が代表を継いだ場合に非課税の対象から外すなどして節税の拡大を防ぐ。

 

小規模宅地の特例を使った節税について

親と子が別居していても子に持ち家がない場合などに特例として減税を受けられる、宅地の相続時にかかる評価額を8割減らす制度を使った節税策も防止する。

相続を受ける子が自らの建物だけを孫に贈与することで持ち家がないこととなり特例の適用を受けるケースが増えているからだ。

財務省は、子が相続時に住んでいた家がもともと子が所有していた家だった場合や、子が3親等以内の親族が所有する家に住んでいる場合などは対象外にすることなどを検討している。財務省によると特例の適用による減収見込み額を16年度で1350億円で3年で2倍近くに増えている。